コレステロールが高くなると脂質異常になる?

増加してしまう事で、血栓や動脈硬化などのきっかけになる事もあるので、用心が不可欠です。

続いて、HDLコレステロールは体の隅々から肝臓へ運ばれ、分解される仕組みになっています。

最初に、LDLコレステロールは肝臓で作られてから体の隅々へ運ばれていきます。

それにより、トリグリセリドの数値は低い方が良いとされています。

病院などで血液検査をした時、これらの数値が結果票に記載されている時が多々あるです。

採血の結果が悪いからといって、直ちにに自覚症状が出るわけではないのです。

それにより、この数値が低すぎるケースも、血栓のきっかけになる事があります。

血中の脂質には、LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセリド(TG)の三種類が影響しています。

これらのうち、コレステロールといっても、全部が体に悪い影響を与えているわけではないのです。

脂質異常症とは、暮らし習性病の一種とされており、血中の脂質の量が増加及び減少しているステータスです。

脂質異常症の状況が長期間続く事で、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、狭心症、といった病に向上する危険性が高まるので、その阻止を目的として、血中の脂質の量に配慮する事が必須です。

最後に、トリグリセリドはいわゆる中性脂肪と呼ばれるもので、食事の影響を強く受け、肥満のきっかけにもなります。参考サイトはこちら